So-net無料ブログ作成
検索選択

箱根駅伝 2013 リタイア 原因 理由 真相 [ニュース]

スポンサーリンク




箱根駅伝 2013 リタイア 原因 理由 真相

2013箱根駅伝でリタイアが出てしまいましたね

なぜリタイアしたか原因や真相が知りたいですよね

箱根駅伝 2013 リタイア 原因 理由 真相について調べてみました

第5区を走っていた城西大学の濱本栄太選手と

中央大学の野脇勇志選手が、途中棄権となりました。

リタイアしたこの二人について調べてみました

===========
城西大学 濱本栄太選手
===========

山口県の防府西高校の出身、現在は経営学部の4年生だ。

今年が最後の箱根駅伝なだけに力を入れていたようです

ベストタイムは、10000m が29分42秒59、ハーフマラソンが1時間4分48秒だ。

去年の箱根では8区を任され、12位でゴールをしていた

今年は最後の年ということで順位が気になるところでしたが・・・

残念ながら、リタイアとなってしまいました

中央大学 野脇勇志選手

宮崎県の小林高校の出身、現在は法学部の4年生だ

こちらも今年が最後の箱根だが残念ながらリタイアとなってしまった

ベストタイムは、10000m が29分16秒10、ハーフマラソンが1時間3分46秒だ。

去年の箱根は出場していないためにダークフォース状態であったが

2010年は4区を任され、7位でゴールをしていたために

今年の結果に注目をあびていました

ここでリタイアの原因を解明したいと思います


今年の箱根駅伝は、日本海側が天気がわるかったために

太平洋側は天候には恵まれていた、しかし非常に風が強かった

レースのはじめは風を感じなかったが

箱根に近づくにつれて風は強さを増していき

第4区あたりから風が体感でもわかるようになり、砂塵が舞い上がりはじめた

この砂塵をリタイアの予兆と思った人は少なかっただろう

第5区の山上りが始まると、風が容赦なくランナーに対して吹いた

これがランナーに対して最悪なコンディションに体調をもっていったのだ

しかし、上位陣は経験からか無難にこなして言ったようだ

また、法政害が国関口選手はコンパクトなピッチ走法を行ったために

ごぼう抜きを演じる事ができた。この原因は、『上り+強風』 のコンディションが

彼の味方をしたにすぎないが、これも実力のひとつだろう

==============
城西大学 濱本栄太 途中棄権
==============
突然のニュースの速報で

まず、城西大学の濱本栄太選手が途中棄権したようです

蛇行しながら小涌園前を走っていたのでその走りから

脱水症状であることは誰が見ても明らかだった

今回のリタイアをみてすべてに言えることだが

冬の強風は体温を低下させ、体力をかなり奪うのだ

ランナー自体はランナーズハイになっているために

自覚症状はないが、体の水分をかなり奪うのだ

1/3の往路ではリタイアになった二校は順位がつかないのだ

これは来年箱根ではシード権が与えられず

予選会からのスタートを意味しているのだ

箱根駅伝 2013 リタイア 原因 理由 真相の記事でした







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為どっとコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。