So-net無料ブログ作成
検索選択

厄年 男性 早見表 2013 川崎大師 値段 [ニュース]

スポンサーリンク




厄年 男性 早見表 2013 川崎大師 値段

厄年 男性 早見表 2013 川崎大師 値段の記事です

毎年、新年になると気になるのが厄年ですよね

特に男性は働き盛りといわれている年代に厄年が

くるだけに、厄年の早見表など調べたいところですよね

そこで今年2013年の男性の厄年の早見表をしたに示します

厄年は、前厄、本厄、後厄とあり

特に本厄が災いが多く降りかかる年されています

男性の本厄は、数え年で25歳、42歳、61歳とされています。

一般的に本厄では、神社にいってお払いをしてもらうのが一般的です


■『西暦2013年(平成25年) 厄年早見表 男性』

【前厄】1954年生(昭和29年生)・・・数え年で60歳
【本厄】1953年生(昭和28年生)・・・数え年で61歳
【後厄】1952年生(昭和27年生)・・・数え年で62歳

【前厄】1973年生(昭和48年生)・・・数え年で43歳
【本厄】1972年生(昭和47年生)・・・数え年で42歳
【後厄】1971年生(昭和46年生)・・・数え年で41歳

【前厄】1990年生(平成2年生)・・・数え年で24歳
【本厄】1989年生(昭和64年生)・・・数え年で25歳
【後厄】1988年生(昭和63年生)・・・数え年で26歳

ここでは川崎大師の厄除けについて説明したいと思います

まず川崎大師に行き、本堂に向かって右手側に「お護摩受付所」が

ありますので、厄除けであることを伝え申込書をもらい

そこで必要事項を書きこんでください

申込書がすめば、大本堂へすすみ厄除けの儀式がはじまります

厄除けは厄除けだけでなく、一般の願い事つまり家内安全や健康のことなど

頼んでもいいようです

お護摩はご本尊厄除け弘法大師のご供養をすることに始まります

ここからが厄除けの重要な儀式となるために、心を沈めて望みましょう

やり方としては手をあわせ 合掌して、

「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)と唱えましょう。

このお護摩によって煩悩をなくす行為のようです

焼き浄め大厄を消除します、このときに

家内安全・商売繁盛などのお願いするのもいいでしょう

「懐中紙札」というものもあり、いつも携帯するおふだがあるので

もしほしいのであれば、申し出てみてください

厄除け 時間は平日と日曜日、祝日で時間帯も変わってくるので川崎大師に確認してください

お護摩の種類と祈願料も様々です。

気になるのは値段ですが5000円~30000円以上とあります

体に関わることなので本格的な厄除け祈願をするために、最高金額で

行うのがいいのではないでしょうか?

厄年 男性 早見表 2013 川崎大師 値段の記事でした





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為どっとコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。